家づくり(その二)

   
07.木工事(土台敷)
土台敷の様子
基礎工事が終わり、養生期間を経ると次に土台敷を行います。
気密を保つため、土台と基礎の間にSW専用土台パッキンを設置します。
土台据付後、再度土台の天端を水平にけずっていきます。
   
09.木工事(建て方)
1階部分の組み立て作業が終われば、1階外壁パネル材をはめ込み固定していきます。
2階も同じように作業を進めていきます。
   
09.木工事(パネル取付)
1階部分の組み立て作業が終われば、1階外壁パネル材をはめ込み固定していきます。
2階も同じように作業を進めていきます。
   
10.木工事(上棟・屋根下地)
上棟・屋根下地工事の様子
2階の外壁パネル材が固定されれば次に屋根の受材となる 母屋、棟木を設置します。
これを上棟といいます。
次に屋根下地つくりに入ります。
   
11.屋根工事(瓦敷)
屋根下地が完了すると、瓦を敷いていきます。
   
12.断熱工事(基礎内部断熱材取付)
外部の熱が基礎のコンクリートから建物内部に伝わらないように、断熱材を基礎外周の内側と外周から1メートルの土間面に取り付けます。
   
13.鋼製建具工事(サッシ取付)
断熱サッシを、気密パッキン材を使用し、気密を保つように取り付けていきます。
   
14.気密測定
気密測定の様子
サッシ取り付けが終わると、建物全体でどの位の隙間があるか気密測定を1棟1棟行います。
SWの基準は 1.0cm²/m² 以下です。 1戸1戸にトステムからの性能報告書が発行され、竣工時にお施主様にお渡し致します。
 
トステム評定書
     
有限会社 協友建設
〒699-0615
島根県出雲市斐川町併川1348-4
TEL.0853-72-8050
FAX.0853-72-9590
【許認可】
■建設業
島根県知事(般-24)第5743号
■建築士事務所
島根県知事(4)第10208号
■宅地建物取引業
島根県知事(2)第1100号
-------------------------------
一般建築 設計、施工
一級建築士事務所
宅地建物取引業
-------------------------------
<<有限会社 協友建設>> 〒699-0615 島根県出雲市斐川町併川1348-4 TEL:0853-72-8050 FAX:0853-72-9590